The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

企業概要説明を再定義する

舞台に上がりなさい

私はマネジメントを芸術、工芸、科学だと思っている。 芸術、工芸、科学を取り入れた実践であり、多くの工芸品、つまりは経験があり、洞察力、創造性、ビジョンを意味する一定量の工芸品があり、科学、技術、分析を活用している – ヘンリー・ミンツバーグ


概要

考えてみましょう:プレゼンテーションは時に退屈なもので、特につまらない時は居眠りしてしまうほどです。プレゼンターが「抽象的な数字や事実」を取り上げる従来のプレゼンは、21世紀世代の社員から「つまらない」ものと位置付けられ、もはや筋が通ったものではありません。また、数字ばかりのプレゼンでは、何を言いたいのか伝えることはできません。

では、どうしたら良いでしょう?言葉を発する前にも関わらず、つまらなそうにしている人に向かって話すというのは酷なものです。せっかく時間をかけて作ったプレゼンに、聞き手は興味を持っていないのです。というのも、聞く人々もすでに発表者と同じようにプレゼンを書き上げているので、全体として大きな時間の無駄になってしまっています。

大切なのは突拍子もないことで心をつかむこと:プレゼンターが突然歌って踊り始めたり、衣装を着て出てきたらどうでしょう?従来のプレゼンの真剣さをなくすのではなく、観客の視点を変えて記憶に残るプレゼンをすることが大切です。聞く人々がプレゼンターの言葉や今までしてきたことを覚えてくれると、新しいドアが開く可能性が高いのです。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする