The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

解雇よりも給与削減

– 危機的状況は長引かない。人が何とかする

一部の批評家が主張しているような社会主義者でも、 純粋な資本主義者でもない、新しい3つ目の考え方。 より人道的で、信じて疑わない、生産的で、刺激的な、あらゆる意味で、やりがいのあるやり方 – リカルド・セムラー


概要

ビジネスの世界で起こる危機的状況は、いきなりやってくるものではありません。沸騰する前に、長い間水面下で進んでいたものがほとんどです。ですが、いざ危機的状況が発生してしまえば、社員の利益を優先させる民主的な対処は難しく、辛い話し合い、感情の激変、解雇が待っています。

長期的に、技術的ノウハウ、および会社の全体的な信用を失うことは堅実なことではありません。事実、2009年の景気低迷を、第二次世界大戦後の世界最大の経済危機以来の危機であると指摘した金融専門家は、大量のレイオフ(一時解雇)は利益というより、大きな損害をもたらしたと報告しています。  

それでは、危機が生じた場合、企業がコスト削減のためにできる良い方法は他にあるのでしょうか?セムコ社が別の方法を証明しています。2002年から2005年の間、そして2017年の進行中の危機的状況下でも、セムコ社は一時解雇する代わりに、給与を引き下げるという対応を行いました。これは、会社が長期にわたって維持してきた財政的透明性と労働組合との強い信頼関係があったため行えたことです。

 

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする