The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

一歩下がったマネジメント

– マネージャーが一歩引くといい間違いが起こる

私が思うに、押しつけがましいリーダーシップは、個人の才能と関心の自由な相互作用を妨げ、逆効果をもたらす – リカルド・セムラ―


概要

「会社の中で最も重要な人の名前を挙げてください」と言われると、大半がCレベルの重役の名前を挙げます。それは、企業は経営者の力によって成り立っていると思わされているからです。しかし、現実には、会社で最も重要な人というのは、実際の仕事をしている、技術がありクリエイティブな社員をさします。経営陣は定義上、企業または社員グループの管理責任者です。管理責任とは、「奉仕」または「権限付与」を意味します。

しかし、ピーター・ドラッカー氏が言うように、「いわゆるマネジメントの大半は、人を働きにくくしている」のです。経営陣が治せない、または治そうとしない産業時代の遺物です。大抵、経営陣は、社員が承諾をもらいに来るときや一日にいくつもの会議をこなすときなど、「全ての決定に関与する」ことが重要だと思っています。しかし、実際には、仕事をしている人の邪魔をしているだけです。

マネジメントの本来の目的は、効果的、効率的に仕事をするために、障害を排除することです。基本的には、マネジメントとは、腕のいい、優れた気質を持つ人材を探すこと、そして、あらゆる面で社員が力を発揮し仕事ができるようにサポートすることを指します。簡単に言えば、社員は自分達よりも仕事ができ、唯一自分たちにできることは、社員を信頼することであることを受け入れることが重要なのです。

そうすることで社員に自立性が生まれ、より意欲的、創造的で働きがいを感じるようになるでしょう。したがって、経営陣の成功は、試行錯誤、間違いから学ぼうとする勇気、屋根を通って結果を出す能力など、急速に変化する市場に挑む社員の機敏性によって判断されるべきです。

そのほかに大切なことは何もありません。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする