The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

会って、進んで、挑戦する

– 会議を通して遠慮なく話すことができるようにする

「成長と利益は、人が協力して働いた成果である」 – リカルド・セムラー


概要

会議は会社人生の悩みの種になることがあります。決定的なことが何も決まらないような終わらない会議から、数人の発言者のみに支配されてしまう会議、そして隠された意図や企業の策略を外見上カモフラージュする会議などがあります。

しかし、会議の本来の目的は何ですか?人々が集まる場として、情報を共有し、不安を吐き出す場です。仕事仲間と交流し、協力して働く機会を与えてくれます。簡単に言えば、会議は本来、教育的で社会的であり、より良いつながり、より深い理解と実際的な問題解決力を期待できるものです。

また、大企業の社員は、他の部門の仕事仲間と面識がないまま退職する傾向があります。年次総会は、このすれちがいを解消するためのものですが、あまり良い解決策ではありません。では、社員が定期的に会う機会を作るだけでなく、仕事以外のことについて自由に話せるようにするために、企業に何ができるでしょうか?これは企業が組織の再構築や大きな変更を検討している場合、特に重要な問題です。仕事時間以外に会議を開くことで、問題を提起する環境が生まれます。  

ただし、企業やリーダーは、社員の性格は皆異なり、誰もがすぐに気軽に意見を言えるわけではないことを覚えておきましょう。社員の発言力を高め、継続して積極的に参加をしてもらうには、時間と根気が必要です。しかし最終的には、一番内向的な人でさえ発言できるようになる日が来ます。その時こそが、本当の意味で会議が始まった瞬間です。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする