The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

取締役会のライブ中継

「生きた」透明性

セムコにおいては、本当に大事な意思決定は、必ず社員全員が一票を授けられて意見を投じる。 – リカルド・セムラー


概要

テクノロジーが進んだ現代社会においては、世界中の人々が参加するバーチャル(仮想)ミーティングを開催することも簡単です。今やほとんどの企業が国境や距離を超えての協働や議論を可能にする社内ITシステムをもってその恩恵に預かっているでしょう。そのように物理的な距離を超えることができた多くの企業でもまだ実現していないのが、組織の階層の間にある心理的距離・権力のギャップを縮めるということです。

テクノロジーをいかに活用しても、それだけで自動的にオープンなコラボレーションが生まれるわけではありません。バーチャルミーティングは、組織にとって主要な戦略的な意思決定を行う上で参画するメンバーが直接顔を合わせている対面ミーティングと同じような感覚でお互いについて心理的な近さを感じることを可能にします。現状、取締役会で経営陣が行う意思決定について、どうしてそのような流れになったのか、どうしてそうする必要があるのかなどを各社員が理解している会社は多くありません。

そういった、経営陣が至った意思決定の背景を理解しない限り、社員の会社や経営陣に対する斜に構えたあるいは批判的な姿勢はなくならず、自分の所属している組織は正しい方向に進んでいるという確信をもって高い信頼とエンゲージメントを示していくこともできません。そんな中で、うまくテクノロジーを使いこなすことで様々な意思決定の場をより開かれたものにし、組織内の透明性を高めることができるのです。テクノロジーはそもそも本質的に、民主的アプローチの味方なのです。

 

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする