The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

良識を使う

– そんなに知られていない

「勘、運、間違い、セレンディピティ(その人が持っている運)」、これが経営者が知っておくべき、4つの重要なビジネス概念である – リカルド・セムラ―


概要

「常識」があれば、どんな問題も解決できるものですが、人はみなそれを忘れがちです。これは長年にわたり経営論を複雑にし、あいまいにしてきた企業に特に当てはまります。競争の中で、企業はマネジメントの基礎の基礎である「人の相互作用」と「信頼の力」 を忘れてしまうことがあります。

成功している企業を見てみると、社員を信頼するには、長い道のりが必要だと示しています。実際、小売会社大手のノードストロムには、72,500人の社員の人生を定義するハンドブックがあります。ノードストロム社のハンドブックは、1枚の5×8サイズのカードに収まり、たった1つのルール、「すべての状況で最善の判断をすること。その他にルールはない。」が記載されています。

シンプルさゆえ、強いメッセージが直球で伝わってきます。この言葉の中に、あらゆる経営論の本や規則に書かれていたことが含まれています。しかし、今日の経営者は、効率と成長に執着しすぎて、思いがけない問題や自分の業界以外から問題が生じると、どう対応していいか分からなくなってしまいます。

どう問題を処理するかによって、企業の将来は決まります。企業の違いは、その戦略をみれば「規則集に固執している」のか「社員の最善の判断に信頼を置いている」のかが分かることがあります。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする