The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

社会契約を共同プロデュースする

– 社員ではなく、人

人を「生産のための道具」として利用する時代は、もうすぐ終わる。 民主主義が独裁主義よりもはるかに煩雑であるように、参加を促すことは従来の企業の一極主義よりも複雑である。しかし、どちらか一つに絞れる企業はほとんどない。 – リカルド・セムラー


概要

社会契約は商談ではなく、法的文書でもなく、特定の特権と義務を背負い行動するための暗黙の合意です。社会契約は民主主義の不可欠な部分で、国であれ会社であれ、本質的に理想的なものです。会社で一緒に働く人々が、共有する理想です。

チームのすべての人の能力を最大限引き出すためには、原則とガイドラインに従う必要があります。したがって、社会契約の条件をよく話し合い、誰もが理解しやすい形にまとめることが重要です。社会契約には、隠れた考えや疑いがあってはいけません。効果的な社会契約書は、チーム全体で文書を共同作成することでのみ実現されます。  

最も重要なことは、社会契約には変更を加えられるということです。調節が必要なときはいつでも見直し、疑いを持つことができる「生きた文書」なのです。チームが、個人またはグループとしてのモチベーションを明確にするために社会契約があり、チーム一人ひとりが包み隠さずに自分を表現することができる環境でのみ、社会契約が作成されます。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする