The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

ラッシュアワーMBA

ラッシュアワーの交通渋滞に捕まる代わりの方法

挑戦、意味、そして目的の欠如は息が詰まるものでしょう。人類は生産的で、目標に向かって励み、家族のために働き、将来を構築する事に生きがいを見出します。「今は自分の時間が必要です」と言う自由を与えずに、常にそのすべてをなすように言ってはいけない。 – リカルド セムラー


概要

従業員には野心があります。彼らは更に昇進し成長するために、仕事中や仕事外でも学ぶために努力しています。そういう場合に尋ねるべき問いは、企業が従業員の学習目標のために更に何ができるか、という事です。企業にとって従業員を季節ごとの研修に派遣したり、仕事中に座学の機会を与えたりする事はいつも可能なわけではありません。経営者は年間のノルマや、四半期目標、そして競争の激化などの結果を生み出す重圧にさらされています。ではその代わりにできる事とは何でしょう?

従来の研修方法は今日の企業環境では上手くいかないので、企業は従業員が必要とする教育を確実に受けさせるために、イノベーションを起こさなければなりません。これを実現する1つの方法は、従業員がオフィスで過ごす時間を最大限活せる方法を見つけ出す事です。1つの選択肢としては、従業員がいずれにせよ浪費してしまう渋滞に捕まっている時間の生産的な利用を手助けする事です。

従業員が確実に学習するためのもう1つの方法は、学習を共同責任とする事です。企業が、従業員がお互いに学習しあえるエコシステムを構築するとき、トレーニングという概念は全く新しい意味を持ちます。その仕事を長年やってきた誰かの貴重な経験から学べるだけでなく、シンプルな会話や、講義、そしてやりとりを通じて自分たちの仕事について更に学ぶこともできるでしょう。

学習は従業員の利益となり、彼らのスキルを向上させ、社会人としても一個人としても彼ら自身が成長する手助けとなります。これは組織が職務満足度を向上させ、従業員離職率を低下させるための重要な方法です。また、その企業全体としてのパフォーマンスが結果として成長する事も意味し、すべての利害関係者にとってウィンウィンの状況を生み出します。

 

この実践により深くダイブする準備はいいですか?

ここまではほんの導入… 更に多くのセムコスタイルの実践施策、実行手順、インタビュー映像、ケーススタディ(具体的組織による展開例)にアクセスするには.

ツールキット全編にアクセスする