The Semco Style 5 Principles to transform the way we work
  • English
  • 日本語

代替コントロール

代替コントロールの実現によって、起業家精神(独立精神)に近しい探求の芽が花開いていきます。代替コントロールを支える3つの柱は以下の通りです:

どんなタスク(task)をどんなスケジュール(time)で誰と(team)どのように(technique)行うのかについて柔軟性と流動性を与え、働く人々が責任感を持ちながら与えられた自由を堪能しながら仕事の遂行を行えるようにする
コンプライアンス偏重のルールブックの代わりに、良識・常識に基づいた分別ある行動に委ねる
表層的な全員参画を超えた「真の民主的プロセス」と、「ミッション」に駆り立てられたマネジメント(経営)の促進
「プロセス管理の必要性」と「個々人の自由」のバランスを極めた先に繁栄する未来があります。

シェアードコントロール

シチュエーショナル・リーダーシップ(状況に応じて立ち現われるリーダー)

目先6ヶ月を考慮して毎月改訂・更新していく継続予算

一歩下がったマネジメント

パフォーマンスのパラダイムシフトを起こす

民主的意思決定

会社生活サバイバルについてのシンプルなマニュアル

ルールを最小限に抑える

ルールは「書いて、消して、書き直す」もの

会計監査を最小限にする

コントロールではなくプロセスを構築する

自主自立

クオリティオブライフ(人生の質)を優先する

本部の終焉